アスファルト舗装をするなら実績のある業者に託そう

一般家庭の駐車場にも

舗装工事

施工後数時間で使用可能

一般道路で使用されているアスファルト舗装ですが、貸駐車場などでも多く見られます。一般家庭の駐車場ではコンクリート舗装と呼ばれる施行が行われることが多いのですが、なぜ一般家庭ではアスファルト舗装ではないのでしょうか。アスファルトの原料は、砕石や砂とアスファルトを混ぜた合材が使われています。この材料は排水性が良いという利点があります。また、施工後乾かす時間が極端に少なくて済み、数時間後には車が乗っても大丈夫になります。施工費も、コンクリート舗装と比べて安価であるため、一般家庭にも広がってもよさそうなのですが、やはり弱点もあります。まずは耐久性です。アスファルト舗装は劣化しやすく、ボロボロに崩れやすいのです。一般道路でも、大型トラックなどが通る道はところどころ補修がされているのはそのためです。ただし使い方によっては家庭の駐車場などにもアスファルト技術を使用することは可能で、利点もあるのです。実はアスファルト舗装は、土木工事の部類に入るため、一般の外構業者では扱えないところも多くあります。施行を依頼する場合は、アスファルト舗装が可能な業者かを確認しておきましょう。施行路面にはまず下地である砕石を敷き詰めます。この後に、アスファルト合材を撒き、レイキで均等に敷き詰めます。広い駐車場の場合は、フィニッシャーと呼ばれる重機で均等に敷き詰めることもあります。最後にハンドローラーや重機で圧力をかけアスファルトを固めます。この際、表面温度は非常に高温になるために、水を撒きながらの作業になります。数時間後、表面温度が50度以下になれば使用可能です。駐車場には、粒子の細かい材や、カラー材を利用することで、強くおしゃれな雰囲気になります。また最近では二層式アスファルト舗装という耐久性に優れた舗装もあります。利点も多い舗装方法ですから、一般家庭でも一度検討してみるといいでしょう。